地域福祉活動計画

「だれもがその人らしく健康で幸せに暮らせるよう(ともに生きるまちづくりの実現)」を願っています。
活動計画は、それを行う仕組みづくりの指針として位置づけ「ともに生きるまちづくり」の基本理念のもとに、基本目標の実現に向けて、聖籠町と協働しながら、地域で生きがいをもって心豊かに生活できるよう支援していくものです。

基本的な考え方

地域福祉活動計画は、自分たちの地域の福祉課題を明確にし、それらを自分たち自身で解決していくという熱意をもって、自立的・継続的に取り組んでいくための仕組みをつくるものです。
また、課題やその解決策をもとに、計画の基本理念や基本目標・実施項目等を設定し、地域の将来に向けた町民による活動計画を策定するものです。


基本理念

 

『ともに生きるまちづくり』の実現のために

多様化する福祉ニーズに対応するため「ともに生きるまちづくり」の実現を基本理念として、
だれもがその人らしく健康で幸せに暮らせるよう支援していきます。


基本目標

基本目標1
ふくしを支える人
づくり
 
基本目標2
人がつながる場
づくり
 
基本目標3
地域でともに支え合う
仕組みづくり

地域福祉を推進していくには、地域に暮らしている町民がお互いに協力し支えあっていくことが不可欠です。
地域住民の福祉に対する知識の向上を図るとともに、世代間交流を促進し、ボランティア等への参加意識の高揚を図るなど、地域で生きがいをもってこころ豊かに幸せに暮らせるよう基本目標を定めます。

 

「ともに生きるまちづくり」の実現のために こころの豊かさと幸せの輪を広げよう ふくしを支える人づくり 人がつながる場づくり 地域でともの支え合う仕組みづくり

 

基本目標のキーワードによる輪の取り組み

人づくり ~だれもが思いやりを育む輪~
場づくり ~だれもが参加できる身近な人と人とのつながりを育む輪~
場づくり ~だれもが学び豊かな心を育む輪~
情報発信 ~だれもが話し合い情報を共有し相談できる支援の輪~
関係機関・
団体等との連携
~だれもがお互いを尊重しながら支え合える支援の輪~

 


活動計画進捗