高齢者向けサービスの
ご案内

聖籠町社会福祉協議会では、下記のような高齢者様向けのサービスを受けられます。ご家族の方もこちらを活用することで、無理のない介護生活をお送りください。

 

生きがい型デイサービス事業 - なごみの会 –

一人暮らしの高齢者や家に閉じこもりがちな高齢者に対する介護予防の事業です。介護を必要とする状態を防いだり、たとえ介護が必要になってもそれ以上悪化させないようにして、高齢者の自立を支援します。サービス内容は、健康チェック、生きがい活動、運動指導、バランスの良い食事の提供を行います。

生きがい活動では、利用者の希望を踏まえながら季節の行事、昼食作り、趣味活動に加え、健康運動指導士による運動指導などで足腰の衰え防止を図り、心身共に自立した生活ができるように支援します。

 
一人暮らしの高齢者や家に閉じこもりがちな高齢者に対する介護予防の事業です。
ご連絡先 0254-32-6753

 

障害者支援センター

「誰もがその人らしく自立し、ともに生きるまちづくり」を基本理念に、「地域でともに生活すること」「心身ともに健康で自立した生活の実現」「自立と社会参加」を目指し、次のことに取り組んでおります。

 

1.相談支援事業の充実(一般相談支援・特定相談支援・障害児相談支援)
障がい者(児)の福祉に関する様々な問題について、本人・家族等からの相談に応じ、必要な情報の提供や障害福祉サービス利用支援、また関わる他機関等の連携を密にし、その人に添った支援を提供します。

2.権利擁護支援の体制づくり
相談支援と連携した権利擁護支援の体制を構築します。

3.障がい者(児)が基本的人権を享受する個人としての尊厳にふさわしい日常生活又は社会生活を営むことができるための必要な障害福祉サービスに係る支援を行います。
・サービス等利用計画・障害児支援利用計画の作成
・継続サービス等利用支援

4.個々の障がい者(児)が、生活拠点での活動を通じて自立した生活を実現し、更にその活動範囲を総合的に広げていく支援を行います。
・障がいのある人の就労支援
・障がい特性に応じた多様な働き方の支援

5.ライフステージに応じた療育・発達支援を行います。
・療育に関する相談支援の充実
・成長段階に応じた継続的な支援の体制づくり

6.地域社会における共生の実現に向けての活動を展開します。

 
ご連絡先 0254-27-8806

 

杉の子の家について

障がい者の方々が、様々なことに意欲的にチャレンジできるよう、サポートを行っています。
聖籠町大字諏訪山1560-3(結いハート聖籠内)
 
ご連絡先 0254-27-5747

就労継続支援B型(非雇用)

一般企業等での就労が困難な方に、働く場を提供するとともに知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。
作業活動は自主製品の生産を中心にし、地域の活性化に努めています。

対象者訓練等給付の支給を受けた方
 
一般企業等での就労が困難な方に、働く場を提供するとともに知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。

生活介護

日常生活で介助が必要な方に入浴、排泄、食事などの介助を行うとともに、創作活動、所外活動や生産活動の機会を提供します。

対象者介護給付の支給を受けた方

 

各種サービスのご案内

障がいを抱えている方でも社会に参画できる町づくりを目指し、
聖籠町社会福祉協議会では以下のような支援サービスを行っております。

リフト付きタクシー利用者の助成
(赤い羽根共同募金助成事業)

身体障がい者で、車イス又はストレッチャーを常時使用している方が対象です。

対象者利用料金の2分の1で支給限度額は片道5,000円を限度とします。


身体障害者(児)おむつ支給サービス
(赤い羽根共同募金助成事業)

心身に障がいのある方(児)が在宅で、常におむつを使用している方等に支給します。

負担金無料

支給月2月・5月・8月・11月(年4回)


視覚障害者へのテープ貸出

朗読ボランティアの方が、毎月1回聖籠町から発行される広報紙などの吹き込みを行い視覚障がい者にそのテープの貸し出しを行っております。

貸出回数毎月1回


ひとり暮らし・要援護世帯老人給食サービス
(赤い羽根共同募金助成事業)

給食ボランティアの方が、ひとり暮らし老人・高齢者世帯に月3回(第2・第3・第4木曜日)に夕食のお弁当を届けながら、様子の確認を行っております。
(要介護者及び要援護世帯対象)

負担金1食 200円